FC2カウンター

H211113~

アルバム

アルバムの適当なところでクリックOKです。もしお気に入りがいたらお知らせください。

プロフィール

新潟さば吉

Author:新潟さば吉
さば吉に連絡したい方
コメント本文にメールアドレス、ハンドルネームもしくは氏名、あれば電話番号を「管理者にだけ表示を許可する」にチェックしお知らせください。
チェックが無くてもメールアドレスなどの個人情報が含まれる場合公表・公開はしません。
さば吉からそのメールアドレスに連絡します。

ただし、さば吉がコメントの意味が理解できていない場合、連絡できないことがあります。

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

検索フォーム

新潟さば吉 100サイズ niigatasabakiti
コメント&メールお待ちしてます!!
職場水槽2本の更新。
未だ新仔を全て揚げたわけではないですが、職場の2つの水槽の2歳玉サバと交替です。。
こちらは小さいほうの水槽で30リットルちょっと。

H300906ー1




こちらは60センチ水槽。

H300906ー3



共に入れた数が多いのですが、少しづつ減らす予定です。

今まで入っていた2歳は自宅に戻りましたが、どこか受け入れ先探さねば・・・




フナ色の個体のみ取り出して・・・
120cm水槽での動画撮影はそのうちにしますね。




今日は自宅池(奥池、手前池)をタモ網で・・・
今日は自宅横の奥池、手前池でタモ網を使用。

60センチ水槽で大まかにチェック。
H300903-自宅池ーその1ー1

最終的この倍以上の数になったと思うけど数えずに、塩とエルバージュ添加し一晩おきます。
明日は120センチ水槽かなんかに入れて動画撮ってみましょう。

ではまた明日。



結局、タムラ池の池揚げ決行・・・・でも未だ全体の3分の一?。
池揚げはまだ早いと思われるのですが、いつ実施できるか今後不明なので、タムラ池第1次池揚げしました。
でも、地曳網を使ったわけではなく(一度に持ち帰りは難しい可能性から)大きめのタモ網でトライです。

で、前回同様さば吉は水没してしまった。
今回は完璧に着替えを用意していたので、パンツぐちょぐちょで帰宅することなく済みました。

成果について
予想していたよりキャリコが少なかった。
全体的にはさくらマーブルの進化系が多かったです。

H300902タムラ池ーその1-2



この中にはさば吉の新仔ばかりでなく、タムラさんの仔もいたみたいで今度お伺いするときにお渡しする予定。
(さば吉は普通鱗はタムラさんの仔だと思うのだ。その他にお礼もしないとね)

タムラさんによると今回の2倍は残っているだろうとのこと、もっとキャリコが居ればうれしいんですけどね。

平成30年、オークション出品第2弾。
今年の第2弾4セットを出品いたしました。
ご検討ください。

これが今回の2歳、「桜玉サバ」 と「桜キャリコ」です。
H300902.jpg


恒例のブログイベントします。
2歳魚の追加出品をすべく、段取りしておりますが、その前にお知らせを。

カウンターが後1ヶ月ほどで「55555」になるようなので、またまた「いの一番」懸賞行います。

「55555」のJPG画像をメールに添付し、いの一番に送っていただいた方に、新仔を進呈します。
(JPG画像、ハンドルネーム必須で当選後早々に住所、電話番号など連絡いただける方で発送後、翌日到着可能な地域限定)

メールで応募していただくため、後日さば吉のメールアドレスを載せます。

ただ、いたずらなどに使われたくないので、2,3日で記事は消えます。




今回は画像、動画なし。
久しぶりのオークション出品ながら、全部無事到着で喜びと安堵いっぱいです。

偶然なんですけど今年の新仔、今思うとかなりのレベルの仔を2尾を手に入れた方がいます。

将来的に期待できる個体ですよ。


9月中旬までに池揚げを終わらせる予定でいますが、どうなるかな?

ということで、次の出品個体を選別開始する。

当面はこやつらを・・・
やっとこさラーメンさっぽろに水槽再セットしました。





画像と動画はさば吉宅でのもので、この中から1尾抜いたものをさっぽろ水槽に入れてます。
(抜いたのは小さ目のさくらマーブルで右面に黒い点がある個体)


こちらは玉サバとは関係なく。
収穫したきゅうり、ブルーベリー、みょうがです。

DSC03561.jpg

この半分づつを妹に届けました。

明日、ラーメンさっぽろの水槽を再セットアップ予定。
ということで、明日再セットアップ予定とします。
(午後2時の昼時間終了後が通常なんですが、明日もとんでもない猛暑のようで軟弱なさば吉としてはセット延期の可能性もあり)

前回記事の数では少し寂しいかなと、当歳を追加するため奥池、手前池で60センチタモ網出動。
・・・・胴長履いてましたけど、ものすごく温かくて温泉並みの水温。
・・・・もしかしたら、35℃オーバーしてね?(大げさかな)
・・・・すげーよ、金魚たち。こんな中で生きてるんだもんね。

で結果、タムラさんの池同様数匹しかゲットできず。

しょうがないので、全部持っていきます。

現在トリートメント中なので明日朝、動画撮影しブログアップ予定です。


* 予告
  今日タムラさんから連絡あったんですけど、板倉区のしみずやさんで10月に新仔を販売できるみたいです。
  期日など詳細が解り次第、ブログに載せますので来てくださいね!!

  


さあて。この仔達ですが・・・・・・
びしょ濡れになりながらも、何とか捕まえたタムラさんに預かっていただいている新仔達。
いるはずのキャリコ個体確認が一番の目的でしたが、キャリコは1尾も網に入らず。

面白い柄なんですが、「そういえば、さくらマーブルの進化型かな?」と思いつきました。
(」さくらマーブル」については、左下のブログ内検索フォームに「さくらマーブル」で探してみてください)

H300820-1.jpg

H300820-2.jpg


動画です。



当面、水漏れ対応のラーメンさっぽろで過ごさせようかなと考えてます。

皆さんも実物見るなりして、ご意見を。

* 出品しているYahooオークションもヨロシク!!

先回「そろそろ・・・」としましたが、今日オークション出品しました。
あまりの猛暑に心も体もバテバテで、滞っておりましたが今ほど出品です。

餌を控えていたので少しやせてしまったかもしれません。


昨日はタムラさんに預かっていただいている新仔を何尾か捕まえて確認しようと出かけたのですが・・・
その池があまりに深く、首まで水につかってしまいもうびちょびちょ。
金魚の奴らも気配を感じたのか、浮かんでこず大きな丸網をむやみに振り回す状態。
ま、それでも6尾捕獲し現在トリートメント中。

まだ、出来事がありまして「ラーメンさっぽろ」の水槽が水漏れで対処することになりました。
補修の予定でしたが、不安が残るので結局新品を購入し持ち込む予定です。
ついでだから今回の6尾を入れようかと思います。

この6尾、模様が変わってるんですよ。
次の記事にしたいと思いますのでヨロシク。

そろそろ・・・・







今日も急だけど池揚げしました。
今日の池揚げはタムラさんに預けている当歳の池です。

早めに最初の選別をと考えていたのですが、連日の熱中症不安と気力不足で躊躇してました。
(さば吉にとっては紫外線の問題も大きい)


(さば吉が)少しでもダメージを受けないように考えまして・・・・・

涼しい朝4時ごろか、夕方陽が落ち始めたころのどちらかにしようと思ってました。

それで、今日の夕方に決めタムラさんに連絡。(急すぎてタムラさんに迷惑かけたなあ・・・)

地曳網で池をさらい、少しでも大きくしてみたい個体をそのまま池に戻し、選別漏れはウキコンに一時ストック。
さば吉がメインで選別するもんで、かなり大雑把でした。
タムラさんが「えっ!!その仔いらないの?」ってびっくりしてた。
だって思ったより数が多くてじっくり選ぶ気がしない・・・・選別しているうちにどんなタイプを残したいのかわからなくなってくる。

とにかく暑いから早くやめたいし、池に水がいっぱい張ってあったので胴長の中に水が入ってくるわで網を引きながらパニクってました。

通常なら最低2回は網を引くのですが、「暑い、しんどい、(水が入ってきて)気持ち悪い」で、2回網引く気力失せてしまった。
まあ、一応第1回目の池揚げ・選別やったという事実が必要なのですよ。

あ、この池三尾がかなりいました。
ってことは、琉金ってことで販売することになりそう。

いまさらですが、画像、動画なしです。




セイジさん宅へ
これは、池揚げ完了時の池の様子。



昨日とはうって変わって、熱地獄。
露出していた肌が真っ赤になって焼けるように痛い。
(さば吉はメラニン色素が抜ける尋常性白斑という病気でマイケルジャクソンと同じ病気。感染はしません)

昨日連絡したヤスさんはまだ来られていませんが、冬季に越冬させていただいていたセイジさんが来られお持ち帰りです。
26匹ほど選ばれまして・・・・

H300713-1.jpg



この中に適応に掬った10~15匹ぐらいを追加しました。

とても面倒見の良いセイジさんなので、大きく育つでしょうね。
楽しみです。
機会があったらさば吉ブログに育ち具合をアップする予定です。

その後、どこから聞きつけたのか〇〇書店のご主人が来られ30匹ほどをお持ち帰り。

夕方、ヤスさん来るかしら?





予告・・っていうか・・
奥池と手前池で新仔のサイズが違っていることやそろそろ選別の必要を考えていましたが、連日30度超えのため池揚げする気になれず。
悶々としていましたが、今日は曇りの予報で、ついに池揚げを決行しました。
いつもながら、さば吉だけの一人仕事なので経過画像などは無し。

奥池の仔を地曳網で揚げ(2回)、手前池へ。
手前池の池揚げ開始しましたが、仕事の都合で途中で中止です。
できるだけ明日、画像などを載せようと思っていますが・・・・・期待しないでね・・・さば吉のやることだからね。

大雑把に選んでみましたが、どうしても好みのタイプが多くなります。
メインとなるのはやはりキャリコで、赤や墨の強く出ている仔が多くなってしまいます。

さば吉のキャリコの好み(希望する方向)は「錦鯉の昭和三色のような赤、墨、白地がくっきりとした個体」
今のところ、ごま塩ふうやダルメシアンタイプはできるだけ避けたい。(好みなのでね)

昨年偶然出現した「ユキエ」タイプは別物です。
今年は交配を見合わせたため、同様個体は表れていません。
そのため、昨年の仔(つまり明け2歳)の一部をオークション出品予定です。

雨が降らず、カンカン照りでなければ池揚げ仕事が続けられると思いますので、そうなればブログアップできると思います。

期待せずにブログチェックよろしく!!



後、一週間で2ヶ月!



後、一週間で2ヶ月となります。
動画の初めの洗面器が手前池で次の洗面器が奥池の稚魚達です。

またまた不思議なのが、大きさが逆転したこと。
今回は奥池のほうが大きくなってます。
なぜなんでしょう。
考えられることは、個体数が奥池のほうが少ないような気がするので、手前池は数が多すぎるのかもしれませんね。

なるべく早く一応の選別をしたいのですが、連日30度overで熱中症間違いなくぶっ倒れると思うので躊躇してます。

奥と手前
H300711-1.jpg

奥池
H300711-奥池

手前池
H300711-手目池


オークション再開予定が................
またコケタ。
コケました。

オークション出品再開予定が、またまたアクシデント。

ストック用水槽の水漏れがひどくて補修開始。

だいたい2尾セットで5セットぐらいからやろうと思ってましたが、直せない限り無理かも。

しょうがないので1,2セットで始めようかなと思ってます。

皆さん、「新潟さば吉」をキーワード、アラートにしてチェックしててくださいね・

あ、Yahooだよ。


今日は、予定外でしたが・・・・
今年は余った稚魚(毛仔)をタムラさんに一部預けたのですが、メールあり。

「このところカワセミが来てますよ」とのこと。

カワセミは好きな野鳥なんですが、初めて預けた稚魚がどのように育ってゆくか見てゆきたいので、防鳥網することにしました。

それで急きょ、防鳥網を張るぽ手伝いに行きまして。

あーだこーだで張り終りましたが、一人でやるより二人のほうがものすごく効率的であること実感しました。

その時の状況は載せないのですが、その後にいつもの「ラーメンさっぽろ」に行きまして、先日入れたさくらマーブルを撮ってみました。



以前、デジカメの焦点がうまく合わず?でしたが、このグラデーションだとカメラも困ること再確認。
(この模様は、病気じゃないですよ!!!結構インパクトあると思う)

H300617-2.jpg

そしてこれは、言わぬもがなさば吉一押しの「醤油ラーメン」であります。

「ラーメンさっぽろ」では、現在「まるとく・・」や「とりこつ・・」が受けているのですが、古い人間のさば吉は「やっぱ、醤油ラーメンに限る」

たまに浮気してますが、醤油ラーメンはホッとします。



約1ヶ月経ちました。(手前池)
今日はタムラさんのところへ、お願いしていた粉の餌を取りに行き帰ってきました。

自宅前の2つの池にミジンコが見えなくなってしまったので、今年は粉の餌を撒いて見ることにしたのです。

そのついでに孵化してから約1ヶ月なので確認のためタモ網投入。(手前池のみ、奥池は姿がほとんど見えず、それに小さい)


前回の画像、動画と比べると大きくなってきていますね・





*追加
 明けの2歳が、冬季預かっていただいた方のところから、ほとんど帰宅しました。
 20尾ほど差し上げましたが、さば吉宅にも越冬隊が居て飼いきれないので放出を考えています。
 キャリコや透明鱗更紗、ユキエタイプとした明け2歳がメインとなるでしょう。
 出品したら、ブログ上でお知らせしますが・・・・・・・入札あるかしら?
 


孵化後、半月過ぎましたので池のチェックします。
ブログ更新が大雑把になっていますが、そのうちに(?)エンジンがかかるかと思いますので少々お待ちください。

さて、タイトルどおり孵化から半月なので、稚魚の様子確認に掬って見ました。

池ですが、画像のとおり奥池は茶色に濁り、手前池は緑色で、なぜこんなに違うのかわからない。

ミジンコは濁ったほうの奥池では掬うとタラコ状態ですが、手前池ではミジンコがまばら。

H300601-1.jpg

最初が奥池の稚魚で後のほうが手前池の稚魚です。

思ったより大きくなっていましたが、ミジンコの発生が少ない手前池のほうが大きいとは、どゆこと?

ミジンコの多い奥池のほうが絶対大きいと思ってましたので、ちとビックリ。




左が奥池、右が手前池の稚魚です。

H300601-3.jpg

放流は同時でした。(数は適当に分けたんです・・・洗面器で)

不思議です。